情報セキュリティマネジメントの必要性【中小企業編】

  • Share (facebook)
  • Yahoo!ブックマークに登録
| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、IT経営コンサルタントの坂田岳史です。

平成28年春の情報処理技術者試験(独立行政法人情報処理推進機構)から新たに「情報セキュリティマネジメント」試験が実施されることになりました。先日(4月17日)にその1回目の試験があったので、私も受験しました。
情報処理技術者試験には、既に「情報セキュリティスペシャリスト」試験がありますが、こちらはWebシステムなどを開発・運用するエンジニア向けです。
一方、今回のマネジメント試験は、企業が行うべき情報セキュリティ対策を的確に実施できる、情報セキュリティリーダー等向けになっています。
試験内容は、技術的な事から攻撃の種類、法律関連、セキュリティ対策、企業経営まで幅広く出題されました。出題範囲は広いですが、1つひとつ問題はそれほど難易度が高いものではないでしょう(ただし、まったく準備なしでは正解は難しい)。

私は中堅・中小企業のIT経営コンサルティングを行っており、その中で情報セキュリティマネジメントの指導も行っています。しかし、特に中小企業では、情報セキュリティ対策への認識が低かったり、マネジメントできる人材がいなかったりという理由で、セキュリティ対策が遅れています。そのような企業には、この情報セキュリティマネジメント試験はぴったりだと思います。自社でこの試験にパスする人材を育成する!それほど難しい事ではないと思いますので、ぜひ取り組んで頂きたいと思います。

ちなみに、私の受験結果ですが、全問正解を目指したのですが、午前試験は50問中2問間違い、午後は32問中2問も違ってました。復習しないと・・・・・・・





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.itkeiei.org/mt4/mt-tb.cgi/159

コメントする